HOME > 【WEB CATALOG OCTOBER ISSUE】

Featuring 宇垣美里
ニット、アウター、マフラーetc.…深まる季節に、心までポカポカにしてくれる“あったかアイテム”を厳選。素材の持つ柔らかなイメージを生かして、宇垣美里さんのような愛されスタイルを目指して!
sano  プロフィール
宇垣美里(Misato Ugaki)

1991年4月16日生まれ
兵庫県出身

2014年4月、TBS入社。アナウンサーとして数々の番組に出演。
2019年3月にTBS退社。4月よりオスカープロモーションに所属。

ラジオのレギュラーやテレビ出演、雑誌の連載をはじめ、
多数の女性ファッション誌にも登場し、活躍の場を広げている。
2019年4月16日に発売した1stフォトブック「風をたべる」(集英社)は
素顔の彼女が垣間見える一冊として話題に。

宇垣美里 LOOK1
程よいボリューム感と動きのあるフリンジが可愛いマフラー。寒さ対策はもちろん、小顔効果も期待できる冬の便利アイテムのひとつ。FOX混のふんわりニットとプリーツレイヤードのスカートをオフ白で揃えた上品コーデが、マフラーの存在感をさらに引き立てて。
宇垣美里 LOOK2
とっておきの一枚を選びたい冬のアウター。毛足の長いなめらかなシャギー素材のコートは、軽い着心地ながら暖かく、知性を感じさせるサックスブルーの色味も相まって、まとうだけで洗練された印象に。付属のブラウンベルトでウエストシェイプして着こなすのも素敵。
宇垣美里 LOOK3 宇垣美里 LOOK3
デニムやロングワンピースなど、カジュアルな装いにはニットカーディガンをチョイス。ざっくり編まれたローゲージニットが、絶妙な抜け感をもたらし、女性らしさをアップ。デニムも冬仕様の裏起毛素材にアップデートして、防寒とルックスを兼ね備えたスタイルを完成させて。
宇垣美里 LOOK4
冬ならではのファー小物。手にするだけで気分が上がるふわふわのバッグは、守備範囲の広さも決め手。例えば、ロングニットからプリーツがのぞくパステルトーンのセットワンピースに合わせれば、大人っぽい雰囲気に愛らしさが加味され、今季らしいおしゃれに。
宇垣美里 LOOK5
トレンドのケーブル編みを取り入れたニットに注目。ノースリーブタートルにオフショルダーニットを重ねたようなデザインで、ほっこりしがちな編み地を今っぽくアレンジ。ファーのベレー帽で可愛らしさを盛りつつ、さりげない肌見せで隙を作るのが誰からも愛される秘訣。
宇垣美里
宇垣美里 LOOK6 宇垣美里 LOOK6
顔回りを彩るアクセにも季節感を添えて。耳元で揺れるボンボンが表情を優しく見せ、首元の開いたニットの色っぽさを程よく緩和。パールとファーのコンビが、編み上げリボンのバックシャンなニット×レーススカートという、クラシックなレディスタイルにマッチ。
宇垣美里 LOOK7
冬の定番である黒ニット。クールに転びがちな色を、ふんわりしたアンゴラを混ぜることで、女性らしい柔らかな表情へとシフト。片側だけリボンをのせた肩からちらりと肌がのぞき、重たくなりがちな冬コーデにこなれ感をプラス。それでいて、通勤にもOKなきちんと感はキープ。
宇垣美里
photographs / FUMIKO SHIBATA
styling / KAORI ISEKI
hair&make-up / MIHO MATSUDA
model / MISATO UGAKI
composition / KAORI SUTO