HOME > 【WEB CATALOG DECEMBER ISSUE】

イルミネーションが輝く季節が今年もやってくる! クリスマスや年末年始のパーティーやイベントには、いつもよりドレスアップして出かけたいもの。 身にまとうだけで心躍るファッションの魔法をかけ、加藤玲奈さんのように幻想的でロマンティックな時間を過ごして。

Rena Kato
加藤玲奈(Rena Kato)

1997年7月10日生まれ 22歳
千葉県出身

2010年 AKB48第10期生オーディションに合格し、研究生として活動を開始。
2012年より正規メンバーへ昇格して26thシングル「真夏のSounds good!」で 初の選抜メンバー入り。

AKB48でアイドルとして活躍する傍ら、TVドラマや映画へも多数出演。
2017年からは『sweet』をはじめ、多数の雑誌でモデルとしても活躍中。
2018年3月28日 初のソロ写真集「誰かの仕業」(宝島社)を発売して話題に。

一枚でおしゃれが叶うドッキングワンピースは、冬のオケージョンでも大活躍。タックとギャザーで袖にニュアンスが生まれるニットと、光を集める華やかなローズピンクのサテン。ラップスカートのようなデザインにリボンをあしらい、メリハリシルエットを実現。
無条件に女の子が可愛く見える、冬の白コーデ。ヒラヒラと波打つフリルがアイキャッチなオフホワイトのワンピースは、体のラインを拾わない厚みのあるニットを使いながら、袖だけシフォンでほんのり透ける仕様に。背中のリボンを外して、肌見せしても素敵。
コルセットのような切り替えで立体的なシルエットになるトップスに対し、スカートはロマンティックに広がるギャザーシフォン。スタイルアップ効果も抜群のドッキングワンピースだから、さらりと着ても愛され度満点。甘くなりすぎないサックスブルーの色味も魅力。
ドレスアップにも取り入れたい、トレンドカラーのブラウン。このワンピースは、一見シンプルながら、動くたびに配色プリーツが見え隠れする印象的なデザイン。フィット&フレアーのシルエットで、気になる体型をカバーしつつ女性らしく見えるというメリットも。
派手なドレスや色を着るのは気後れするという人には、モノトーンの装いがオスス メ。ボリュームスリーブのニットや艶感のある花柄スカートなど、ディテールに流行を盛り込めば、地味にならずフォーマルな場にふさわしい佇まいに。首元のビジュー飾りが輝きを添えて。
キャンディのようにキュッと絞られた袖口にあしらわれたのは、高級感漂うベルベットリボン。髪や顔に触れるさりげない仕草から目が離せなくなる、袖コンシャスのモテニットを手に入れて。プリーツスカートとパステルトーンでまとめ、好感度をさらにアップ!
上品できちんと感のあるツイード素材は、お出かけスタイルに最適。こなれた雰囲気を醸すジャンパースカートは、センターボタンで縦長シルエットが強調される優秀デザイン。インに合わせたニットやファーバッグもラベンダーで統一して、とことんフェミニンに。
キレイめなセンタープレスパンツを軸にすれば、ドレスアップも大人っぽく。トップスには今季らしいボリュームスリーブのニットをチョイス。このままお仕事にも行けそうな格好を華やかに引き上げるのは、ビジュー付きのバッグやリボンパンプスなどの小物使い。
大胆に開いた背中にはベルベットリボンのアクセント。前後のデザインにギャップのあるニットが、人目を惹きつけてやまない決め手に。アンゴラ混のふわふわ感がクラシックなツイードスカートに程よい抜け感をもたらし、コンサバにならず垢抜けた印象に仕上がる。
春に瞬く間に完売した総レースワンピースの冬バージョンが登場! 種類の異なるレースをボーダー状に縫い合わせ、黒単色ながら奥行きのある表情に。襟付きでグッドガール風に仕上げているのもポイント。とっておきの日に選びたい、レディな気分になれる一枚。
photographs / YUUKI IGARASHI (Tron)
styling / KAORI ISEKI
hair&make-up / MIYUKI NAKAMURA (Lila)
model / RENA KATO
composition / KAORI SUTO